訪問着を購入するために知っておきたいこと

訪問着

訪問着とは、結婚しているかに関わらず女性が着用できる着物で、色留袖より格式が下になるため、比較的気軽に身に着けることができます。絵羽模様が入っているのが特徴で、縫い目に関係なく一続きの模様が入っています。肩から裾にかけて継ぎ目なく模様が入っているため、華やかなデザインのものも多く見られます。着用シーンとしは、結婚式などのフォーマルな場面をはじめ、友人が主催するパーティなどでカジュアルに着ることが可能です。略礼装なので用途が幅広く、一着用意しておくと様々な場面で役立ちます。やはり用途として多いのが結婚式の出席の際で、年齢の若い人から年配の人まで着られるのが魅力です。選び方としては、着用する人の年齢や出席の場でのフォーマルさの度合い、主役の方と着用者の関係によって変化します。

フォーマルな場で着用する場合の選び方

結婚式や結婚披露宴に着用するための訪問着を購入する時は、おめでたい場にふさわしく明るく華やかな模様を選ぶのがおすすめです。伝統的な模様では、吉祥や鶴などは結婚式に特にふさわしいと言えます。白は花嫁のための色なので避けるようにし、さらに新郎新婦の近しい親族でない場合は黒も避けましょう。格式の高さを出す場合は一つ紋が入ったデザインも可能です。同じくフォーマルな場でも、子どもの入学式や卒業式では、清楚で落ち着いた色や模様が好まれます。主役である子どもより目立たないように選ぶのが基本で、淡い色味は上品で落ち着いた印象を与えます。春に行われることが多い入学式や卒業式は、季節感のある桜などの模様が合いますが、他のシーンで着回しすることを前提に購入する場合、季節を問わない模様を選びましょう。

カジュアルな場で着る時は比較的自由に選べます

改まった場では訪問着の色や模様に注意する必要がありますが、カジュアルなシーンでは比較的自由に色柄を選択することができます。ポイントとしては季節感を大切にすることで、冬に桜の柄が入った着物を選ぶのは避けるのが無難です。模様が季節をイメージさせる場合、ふさわしい季節に着用する必要があり、フォーマルな場でもカジュアルな場でも変わりません。カジュアルに着る訪問着の場合、着回す予定がある時は季節を問わない模様だと用途の幅が広がります。また、基本的にカジュアルなシーンでは紋の入っていないデザインを選びましょう。若い人は明るく大きな模様が入っているものを、年配の人は裾に模様が入った落ち着いた色味のものがおすすめです。淡い桃色や水色は年齢を選ばない色なので、色選びに迷った時は広い用途で着用できる色柄を選びましょう。