魅力的な訪問着のおすすめの選び方

訪問着

訪問着を選びたいけれども自分の年齢に合ったものがわからない、どのようなコーディネートをすればよいのかわからないなど、様々な悩みを持つ人が多く見られます。色や柄には年齢の制限があるのか、少し華やかすぎではないかなどの悩みもたくさん聞かれます。しかし着物のコーディネートについてははっきりとは決まっていません。着物の着用シーンによっては少し考えなければならないポイントはありますが、基本的には自分の気に入った色やデザインの着物を着用して楽しめるとよいでしょう。また着物は着用した際に合わせる帯や小物類、バッグや草履などの色やデザインによっても、がらりと雰囲気が変わります。黒地の帯を合わせて引き締まった印象を与えたり、着物と同系色の小物を合わせることで優しい印象を持たせることもできるでしょう。

結婚式に着用する際の上手な選び方

二人の門出を祝福する結婚式には、せっかくのお祝いであることから訪問着で出席を考える人も多いでしょう。もしも夫婦二人の母親である場合には黒留袖を着用することになりますが、親族の結婚式に着用を考えているのであれば、かっちりとした格の高い柄がおすすめです。赤香色の地に吉祥古典柄が散りばめられた上品な着物、たくさんの鶴があしらわれたおめでたい雰囲気を持つ着物もよいでしょう。もしも友人や同僚の結婚式に着用を考えているのであれば、親族の結婚式と比べた場合には少しだけおしゃれなものを選んでもよいでしょう。ラメの入った黒地のものに大胆な柄の入った着物や、シックな色合いと贅沢な柄が特徴の着物、さわやかな青竹色に淡い色彩の花々が美しく散らばる着物など、遊び心を取り入れた着物も素敵です。

入学式や七五三など子供の大事な門出にも訪問着がおすすめです

子供の大切な門出には華やいだ雰囲気があり、かつ上品な訪問着がおすすめです。しかしこの時に注意したいポイントとして、あくまでも主役は子供となるため、あまりにも派手なものは避けるようにしましょう。入学式や卒業式に着用するのであれば、季節的なことを考え桜柄や淡い色みの着物が人気となっています。淡い若草色に白の花があしらわれた着物は非常に清楚で上品です。縁起の良い松竹梅をあしらった着物もよいでしょう。そして着用の機会が多いのがお宮参りや七五三です。写真を撮ることも多いので、写真を撮影した時の子供の着物の色やデザインとのバランスを考えることも必要となります。子供の着物に合わせた色みにしたり、あえて子供の着物とは逆の色を選んで、子供の着物の色を小物に取り入れるのもよいでしょう。